川崎マリエンの工場夜景スポット

MENU

工場夜景特集

川崎マリエン

かわさきまりえん(Kawasaki Marien)
ランキング [   全国   ]  109/212位
エリア ]  10/21位

360度の視界が広がる無料開放された展望室

 

「川崎マリエン」の工場夜景スポット最新情報
(夜景INFO)

基本情報

Basic information
気象条件
<神奈川県 横浜 の天気(7月20日(土)17:00時点)>
  • 7月21日(日)
    晴時々曇
    34℃ / 26℃
  • 7月22日(月)
    晴時々曇
    35℃ / 27℃
  • 7月23日(火)
    晴時々曇
    36℃ / 27℃
 
横浜の天気(Yahoo!天気)
本日の日の入りタイム:18:54
本日の夜景ベストタイム:19:22
所在地
神奈川県川崎市川崎区東扇島38-1
地図
ロケーション 展望施設

環境
営業・観賞時間 21:00まで(入場は20:30まで)
休館日(12/29~1/3及び臨時休館日)
夜景INFO 「川崎マリエン」の夜景スポット情報(最新)
関連サイト https://www.kawasakiport.or.jp/indoor/observatory....

評価

Evaluation
  • 美しさ
  • 雰囲気
  • アクセス
  • 撮影難易度
  • 総合評価

    川崎臨海部の工場を一望できる唯一無比の展望室。工場との距離はあるが、360度好きな方向を撮影できるのが魅力。

詳細レポート

Detailed report

展望室の雰囲気

川崎臨海部の工場夜景スポットの中では千鳥町・貨物ヤード前に次いで有名な場所。工場夜景ツアーでも立ち寄る定番の場所で、写真愛好家はもちろん観光客や家族連れの姿も見かけます。

地上51m・10階にある展望室からは360度の眺望が広がり、東向きは羽田空港、北向きは東京都心、南側は倉庫群と方向によって特徴ある景観が楽しめます。東京都心方面は空気が澄んでいると東京タワーや東京スカイツイリーもはっきりと見渡せるほどです。

メインとなる西向きは、天気が良ければトワイライトタイムに富士山も見渡せ、扇島の製鉄所や東扇島のオイルターミナルなどが撮影できます。

撮影にはコツが必要で、写り込み対策をしっかりすることと、工場をメインで撮るなら望遠レンズを使う点が重要になります。特に西向きは目の前に大きな倉庫があるため、標準レンズを使うと中途半端に写り込んでしまいます。方角によって最適なレンズは変わってきますが、できれば広角・標準・望遠の3通りのレンズを持参すると良いでしょう。

夕景・夜景撮影の教科書

夕景・夜景撮影の教科書

かんたんフォトLifeシリーズ

夜景写真を撮ったことがないあなたでも、夜景の美しい写真が撮れる! プロの夜景写真家が、 息を呑むほどきれいな夕景・夜景写真の撮り方を基礎から応用まで徹底的に解説。工場夜景の撮り方もしっかりレクチャー。 全国の撮影スポットやRAW現像もたっぷりご紹介。

お求めは全国の書店にて!(2017年11月22日発売)

詳細はこちら

 

アクセス情報

Access information
駐車場 有料 ( 多数 )
料金:1時間未満は無料
車からの徒歩 約1分
アクセス方法 [電車・バス]
JR「川崎駅」東口11・12番乗り場から川崎市営バス「川05系統東扇島循環」にて約30分「川崎マリエン前」下車
近隣の駅 (1)  JR南武線 「 川崎駅 」
(2)  JR東海道本線(東京~熱海) 「 川崎駅 」
(3)  京急本線 「 京急川崎駅 」

工場夜景スポットの地図

Factory night view map
緯度・経度:35.49644103,139.7632993
マップコードを確認

※カーナビでマップコード(MAPCODE)を利用するにはDENSO製の「Navicon」をインストールして下さい。

近隣の工場夜景スポット(直線距離順)

Neighborhood Factory night view

 

川崎マリエンの工場夜景スポット情報に関するFAQ

  • Q: 現地へは公共交通機関(電車・バス等)で訪問できますか?

    A: 「JR南武線」の「川崎駅」が最寄り駅となります。 最寄り駅からバスやタクシー等で移動が必要な場合もあります。

  • Q: 工場夜景撮影におすすめのレンズの種類を教えて下さい。

    A: 「広角ズームレンズ」 「標準ズームレンズ」 「望遠ズームレンズ」 がおすすめです。単焦点レンズは使用頻度が少ない傾向となります。

  • Q: 本日(7月21日)の夜景ベストタイムは?

    A: 19:22前後の「トワイライトタイム」と呼ばれる空に青みが残る時間帯になります。日没の18:54頃を目安に訪問すると空の色の変化も楽しめます。 ただし、工場夜景は深夜でも光量が落ちにくいため、一般的な街の夜景ほど時間帯を気にしなくて大丈夫です。