MENU

夜景INFO 夜景INFO

ジャンクションの夜景ランキング 2020年度版


1位

荒川河川敷(江北橋付近)[ 東京都足立区 ]

多目的広場などがある河川敷はライトアップされた五色桜大橋を観賞できる絶好のビューポイント。ベンチもあり、ゆったりと夜景を楽しめます。

2位

新都橋[ 東京都江東区 ]

有明西運河をまたぐ新都橋にある北側の歩道からは真上に首都高速道路の有明ジャンクション、北方向は東京タワー方面の夜景を眺めることができます。

3位

辰巳第二PA[ 東京都江東区 ]

首都高速湾岸線にある辰巳第二パーキングエリアからは高速道路を走る車の光跡を中心に、豊洲方面の高層マンションや東京タワーも見渡すことができます。

4位

阿波座ジャンクション[ 大阪府大阪市西区 ]

東京の箱崎ジャンクションと並んで、東西両横綱とも称される有名スポット。縦横無尽に入り組んだジャンクションの迫力に圧倒されます。

5位

箱崎ジャンクション[ 東京都中央区 ]

日本のジャンクションの代表的存在で、東京メトロの水天宮駅から降りてすぐに鑑賞できるアクセスの良さも魅力です。


6位

生麦ジャンクション[ 神奈川県横浜市鶴見区 ]

2017年に横浜北線が開通化したことにより、構造が複雑化し、より撮影や鑑賞を楽しめるようになりました。

7位

西新宿ジャンクション[ 東京都新宿区 ]

首都高速4号新宿線と中央環状線を結ぶ西新宿ジャンクションは、周辺に高層ビルがあり、街の明かりとジャンクションの夜景を一度に楽しめます。

8位

両国ジャンクション[ 東京都墨田区 ]

曲線美が特徴的な両国ジャンクションを浜町公園の対岸からも見渡せ、訪問者が少ないことから、ゆったりと夜景を楽しめます。

9位

天保山ジャンクション[ 大阪府大阪市港区 ]

1991年9月から供用が開始されたジャンクション。ループの内側がベストビューポイント。

10位

北港ジャンクション[ 大阪府大阪市此花区 ]

1994年4月に供用開始された比較的新しいジャンクション。ボックス型の橋脚が特徴的で、全国的にも珍しいようです。


11位

辰巳ジャンクション[ 東京都江東区 ]

辰巳ジャンクションは、首都高湾岸線と9号深川線を結ぶジャンクションで、公園間にある渡橋がベストビューポイントです。

12位

荒川河川敷[ 東京都江戸川区 ]

葛西臨海公園から近い場所にあり、東京スカイツリーと葛西ジャンクションの夜景が楽しめます。

13位

荒川河口橋[ 東京都江戸川区 ]

荒川河口橋の北側の歩道橋(自転車も通行可)がビューポイントで、葛西ジャンクションはもちろん、東京スカイツリーも見渡せます。

14位

東雲ジャンクション[ 東京都江東区 ]

東雲ジャンクションは2009年2月に供用が開始された首都高でも新しいジャンクション。見上げて楽しめるのはもちろん、角乗り橋から見下ろして車の光跡とジャンクションの夜景を楽しめます。

15位

両国ジャンクション[ 東京都中央区 ]

1971年3月に供用が開始された両国ジャンクションは、浜町公園や隅田川テラスから鑑賞できますが、浜町公園側はアクセスが良く、比較的安心して訪問できる雰囲気です。


16位

浜崎橋ジャンクション[ 東京都港区 ]

1964年10月に供用開始された浜崎橋ジャンクションは、首都高の中でも歴史があり、他のジャンクションと比べても古さを感じます。

17位

荒川河川敷(堀切小橋)[ 東京都葛飾区 ]

堀切ジャンクション付近にある荒川河川敷は緑地公園になっており、付近の堀切小橋からもジャンクションを見渡せます。